医療トピックス | 中野区鷺ノ宮から徒歩4分の精神科・心療内科

0353738700

image

医療トピックス

6.高校生の発達課題

高校生といえば15歳から18歳。「論語」によると孔子が学問で身を立てようと決意したのが15歳で、時代は変わっても、この年ごろに自分の人生を自分で決めるという発達課題は変わりません。高校時代は自分の将来を選択し、それにふさわしい知識や技能を身につけていく時期といえるでしょう。 小学校時代は大人の言うことを素直に聞いていれば良い子でいられました。中学生になって自...
>>続きを読む

5.ムカつく相手のあしらい方  (3) いやがらせを...

いやがらせをさせてやったほうがよろしい。 何が面白いのか知りませんが、相手はいやがらせをするのが好きらしいのです。人の楽しみをわざわざ取り上げることもありません。 世の中にはいろんな動物がいますが、「こんなつまらないことを面白がる生き物がいるんだ」と、ゆとりを持って相手の行動を観察していればよろしい。 こういう人は進化の途中で人間になりそこなったのではないか...
>>続きを読む

5.ムカつく相手のあしらい方  (2) 小うるさい相...

どんどん重箱の隅をつつかせたほうがよろしい。人のあら探しをして何が面白いのか知りませんが、この楽しみを取り上げると相手は不機嫌になります。 間違っても相手に一言も文句をつけさせないような完璧な人間になろうとしてはなりません。そんなことをしたら相手はますます依怙地になり、とんでもないケチをつけて来るようになるからです。 ほどほどのところで文句を言わせてやってく...
>>続きを読む

5.ムカつく相手のあしらい方  (1) 上から目線の...

威張らせてやるのがよろしい。何しろ相手は威張ることが好きな人間なので、威張らせてやらないと機嫌が悪くなります。 威張りたがる人は、ふだんから周囲の評価が低い人です。自分で威張らないとだれも偉いと言ってくれないワビしい人なので、威張らせてあげましょう! 威張られると不愉快になる人が多いようですが、威張らせることで相手を喜ばせてやっているのだから、黙って聞き流し...
>>続きを読む

4.おとなの発達障害

ひとくちに発達障害といっても、運動面と精神面の二つの側面があり、精神面だけでも知的能力障害、自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害、限局性学習障害など、さまざまな発達障害があります。また医療界と教育界でも発達障害のとらえ方に違いがあります。 最近話題になっているのが「おとなの発達障害」です。発達障害は子どもの頃から始まっていますから、おとなになって発達...
>>続きを読む

3.発達障害とは?

平成19年に始まった特別支援教育では、それまでの特殊教育(東京都では心身障害教育)の対象疾患に①高機能自閉症、②注意欠如/多動性障害、③学習障害が発達障害としてあらたに追加されました。   1.高機能自閉症 自閉症には対人関係の困難さ、コミュニケーションの問題、こだわりという3つの特徴があります。 対人関係の困難さは①視線・表情・姿勢・身振りなどを...
>>続きを読む

2.「新型うつ病」って何?

昭和38年に当時の厚生省(現厚生労働省)が行った調査によると、日本人のうつ病患者は5,000人に1人しかいませんでした。当時はまだ日本人の人口が1億人に達していませんでしたから、うつ病患者は全国で2万人未満しかいなかったことになります。それがたかだか50年の間にびっくりするほど増えたのは、アメリカ精神医学会がうつ病の診断基準を出したからです。これによると、ほ...
>>続きを読む

1.ひとくちにうつ病と言うけれど

わが国の年間自殺者数は平成10年以来、14年連続で3万人を超えています。自殺はさまざまな要因が重なって起きるものですが、中でもうつ病にかかっていた人が多かったことから、うつ病がクローズアップされるようになりました。 昭和38年に当時の厚生省が行った精神障害者全国実態調査によると、うつ病は5,000人に1人しかいませんでした。当時はまだ日本の総人口が1億人に足...
>>続きを読む

ページトップへ戻る