うつ病について | 中野区鷺ノ宮から徒歩4分の精神科・心療内科

0353738700

image

うつ病について

うつ病とはどんな病気?

image

うつ病は強いゆううつな気分とともに、意欲が出ない、考えがまとまらないといった精神的な症状と、眠れない、疲れやすいなどの体に現れる症状が長く続き、日常生活に支障が出てしまう病気です。
うつ病は脳内にあるセロトニンという心のバランスを保つ作用のある物質の働きが減ってしまうことが原因です。
年々患者数が増加している病気で、日本人の15人に1人が一生のうちで一度はかかるという調査結果も報告されています。
うつ病は心の弱さが原因で起こるものではありません。しっかりと医師の診察と適切な治療を受ければ治すことができる病気です。

うつ病の種類

うつ病は大きく「うつ病」「躁病」「躁うつ病」の3つに分かれています。

うつ病

うつ病は、妙に暗くなる、考え方が悲観的になる、やる気が出なくなる、よく眠れなくなる、などの症状が現れます。それ以外にも、食欲がなくなる、頻脈・頻尿、吐き気、過呼吸など、身体的な症状が出る人も多いので、本人もうつだと自覚するケースが多いです。
これとは逆に身体的症状は出ているけれども、感情面での症状の自覚がない人が実はうつ病だったというケースがあります。これは「仮面うつ病」といい、通常のうつ病と違って自覚がないため、気が付いたら重症化していたといったケースが多いです。

躁病

躁病とは、テンションが高く、ハイな状態になることで、症状が進行すると日常生活にも支障をきたすようになってきます。妙に明るい反面ささいなことで怒り出す、集中力が低下する、自尊心が増大する、金遣いが荒くなり、浪費するなどの行動をとるようになります。さらに症状が悪化すると今までの反動がきたかのように極度のうつ状態になります。

躁うつ病

そううつ病は双極性感情障害とも呼ばれ、躁(異常にテンションが高いような状態)とうつ(気分が著しく落ち込んでいるような上体)を繰り返す病気です。よくうつ病と混同されがちですが、まったく違う病気です。割合としては、うつ状態の方が多く見られることが一般的で、さまざまなの脳内物質の増減が原因と言われています。
また、最近では双極性Ⅱ型という、基本的にはうつ状態があらわれ、たまにそう状態があらわれる病気が注目されています。双極性Ⅱ型は通常のうつ病と勘違いされがちですが、治療方法がまったく異なるため、専門家の診断が必要となります。

うつ病の主な症状

うつ病では主に以下のような症状があらわれます。気になる、当てはまると思うものがある場合は、一度心療内科を受診されることをおすすめします。

  • 感情に現れる症状
  • 行動に現れる症状
  • 身体に現れる症状

※感情・行動面の症状に当てはまるものがあればうつ病の可能性が高いです。また、身体の異常を感じるものの、他科で原因が分からない場合は一度ご来院ください。

当院でのうつ病の治療方法

image

うつ病の治療で一番大切なのは心と身体の休息です。
うつ病の方は休むことに罪悪感を感じてしまい、休息をとらない方が多いのですが、まずはしっかりと心と身体を休めることが治療においても重要です。
医院での治療は主に抗うつ薬という、うつ状態をおさめる薬の処方と、患者様の悩みや不安をしっかりと聞く支持的精神療法を行います。抗うつ薬は一昔前までは副作用の強いものが多かったのですが、最近ではほとんどの薬で副作用が少なくなりました。

ご来院いただいた後のご家庭での注意点

  • 症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまったために、ふたたび症状が重くなってしまうことがよくあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守り下さい。
  • しっかりと心と身体を休めてください。心を休めるポイントは、答えの出ないことについて悩まないことです。また、無理に気分転換をしようと外出などをする方も多いのですが、かえって逆効果になることも多いので、無理に気分転換をしようとしないでください。

ページトップへ戻る