西武新宿線 鷺ノ宮駅徒歩4分 曽根クリニック発達障害の診察治療なら鷺ノ宮駅徒歩4分の精神科・心療内科 曽根クリニック

発達障害

発達障害Developmental-Disorder

発達障害は一般に「自閉症スペクトラム障害」「注意欠如多動性障害」「学習障害」に分けられます。いずれも子どもの頃に発症し、症状が重いケースは早期に診断がつきますが、中には症状が目立たず、大人になって気づくケースもあります。
どの疾患も症状が多彩で、個性との見分けがつかない場合もありますので、発達障害が疑われるときは専門家に相談されることをおすすめします。

イメージ

発達障害の主な症状

発達障害では主に以下のような症状があらわれます。
気になる、当てはまると思うものがある場合は、一度受診されることをおすすめします。

自閉症スペクトラム障害

以前は「広汎性発達障害」と呼ばれていました。軽度から重度まで幅広い症状が見られますが、共通しているのは ①対人関係の困難さ、②コミュニケーションの問題、③こだわり、の3つです。
一般に知的障害を伴う場合が多いのですが、知的障害も言葉の遅れもないものを「アスペルガー症候群」と呼びます。知的には高く、大学にも進学できますが、前記の3つの症状があるので、社会生活で苦労をすることが多いようです。
聴覚過敏を伴うことが多く、視覚過敏を伴うこともあります。
てんかんや、注意欠如多動性障害(ADHD)を合併するケースも少なくありません。
薬物療法で症状が改善するケースもありますので、専門家にご相談されることをおすすめします。

注意欠如多動性障害

ADHD(Attention Deficit/Hyperactivity Disorder)と表記されることもあります。 症状としては①多動性・衝動性と②不注意の2つがあります。
多動性には①移動性の多動(席についていられず、立ち歩く)と②非移動性の多動(席についてはいられるが、キョロキョロしたり、鉛筆や消しゴムで遊んだりする)の2つがあります。
衝動性とは順番を守れずに割り込んでしまうとか、手を挙げる前に発言してしまうような行為を指し、暴言や暴力に結びつく衝動性とは違います。
子どもの頃は多動性と衝動性が目立ちますが、加齢とともに不注意が目立つようになります。もともと不注意が主症状であるケースは、大人になって初めて気づくこともあります。
この疾患は薬物療法で改善する場合が多いので、専門家にご相談されることをおすすめします。

学習障害

いわゆる「読み、書き、そろばん」の障害で、医学的には①読字障害、②書字障害、③算数障害の3つに分けられます。
読字障害には、たとえば「あ」と「お」や「め」と「ぬ」を読み違えたり、1行飛ばして文章を読んでしまうなどの「音読障害」と、音読はできるが意味を読み取れない「理解力の障害」の2つがあります。
書字障害では文字を正しく書くことができず、漢字の「へん」と「つくり」が入れ替わったり、左右が逆の「鏡文字」になったりします。
算数障害では足し算、引き算、か
け算、割り算の符号(+-×÷)を理解することが難しかったり、くり上がり、くり下がりが苦手だったりします。 国語はできるのに算数ができなかったり、逆に算数はできるのに国語ができなかったりするので、「勉強を怠けている」と思われ、叱られて自信をなくす子どもたちがたくさんいます。
正しい診断を受けて、その子に適した教育方法を見つけるためにも、専門家にご相談することをおすすめします。

診療時間
水・土曜午後・日祝日は休診です

診療時間

当院は予約優先です。
初診の方はお電話にてご予約の上、ご来院ください。
TEL:03-5373-8700

診療科目

pagetop